イメージ写真

昭和58年3月
(厚生大臣認可)(県知事認可 )社会福祉法人 玉重福祉会 設立
昭和58年4月1日
愛心保育園開園(定員60人)
平成13年4月
愛心保育園開園分園開園(那覇市国場在) 定員:本園79人 分園:41人  計120人
平成19年4月
愛心保育園分園を第2愛心保育園として設置認可<定員90人>。愛心保育園<定員80人>

社会福祉法人玉重福祉会は、利用者の皆さまから寄せられた苦情について、適切な対応によりその解決にあたります。苦情およびその解決については、個人情報に関するものや申込者が拒否した場合を除き、当ホームページに公表し、保育園の改善に努めます。

H30年度 愛心保育園 ご意見ご要望について

H30年度のご意見ご要望はありませんでした

H30年度 第2愛心保育園 ご意見ご要望について

H30年度のご意見ご要望はありませんでした


H30年度 仲井真こども園 ご意見ご要望について

5月31日 受付】

①昔からある古いすべり台を新しく安全性のあるものに変えてほしい。

②園児が同じコップを使用してキーパーの水を飲んでいるんを見て、衛生面が気になる。

③お着替えの時、隣接する小学校校舎の窓から見えているので、考えて頂きたい。

6月1日 回答】

①すべり台を改めて確認したところ、今のところ長年の使用による腐食等がみられないことから、もうしばらく使用

させて頂きたいと考えています。

②水筒を持参してこない園児は、園で用意したキーパーの水を園のコップを使用して飲んでいますが、こちら指導不

足もあり、前の子が使ったコップをそのまま使用することがあるようです。今後は、未使用と使用済み

ンコップを置く場所を再度指導していきたいと思います。

③各保育室の外側の窓にカーテンを取り付けるなどの目隠し対策を施していきます。


【6月8日 受付】

以前と比較して、制作や園庭遊びが減ったように思うので、もう少し増やしてもらいたい。

【6月11日 回答】

子どもたちの活動においては、前年度(幼稚園)も指導計画に基づいて進めています。その中で、今回のご指摘を頂

いたように、制作や園庭遊びが減っていないか、子どもたちの関心が今どこにあるかを確認しながら

指導計画の見直しと検討を行っていきたいと思います。


【7月26日 受付】

まだまだ暑い日が続くので、プールの期間を延長してほしです。終わるのが早いと思う。

【7月27日 回答】

小学校のプールを利用するため、日程が決まっており追加や延長はできませんが、園で行なうプール遊

びにおいては、子どもたちからも「やりたい」という声がでていましたので、8月にも取り入れる予定

です。(お知らせが遅くなりすみません)


【2月21日 来園】

母親と祖母のお二人で来園され、これまでのお友だちとの関わりや担任の先生との関わりや指導方法に

ついての疑問等をお話し頂きました。また、本児が喜んでこども園に行きたがるように、先生たちが配

慮してほしいというご要望もありました。

【2月21日 回答】

一つひとつの疑問やご要望に対して、担任の先生二人より、本児への言葉かけなどの対応や、お友だち

への指導やクラスでの話し合いの状況を丁寧に説明したところ、誤解や勘違いもあったということで、

お二人とも少し安心した様子でした。今後は、本児に対してより細かな配慮を心掛け、残りのこども園

生活で少しでもよい思い出を作ってもらえるように、積極的に関わっていきたいと思います。

※上記以外の月は、ご意見・ご要望はありませんでした。(令和元年11月現在

令和元年度 仲井真こども園 ご意見ご要望について

令和元年度 ご意見ご要望はありませんでした。

令和2年度 仲井真こども園 ご意見ご要望について

令和2年度 ご意見ご要望はありません(令和2年10月現在)